HOME>イチオシ情報>あらかじめ理解しておきたい準備方法やその仕組みを見ておこう

基本的に受験をすること

ノートを取る

通信制高校は全国にありますが、大阪は日本で2番目に大きい都市として知られているため、それに比例するように通信制高校の数も多いです。通信制高校といっても様々な種類がありますか、いずれにしても全く面接や試験をやらずに入学できるところはあまりありません。たいていの場合には、面接や試験を行った結果、入学することができるのが特徴になります。とはいえ、全日制高校のように競争倍率が高いわけではないために問題が難しいことはめったにないでしょう。一般的な常識を理解していることや面接でしっかりとした受け答えができることなどが条件になります。面接に関しては、志望動機を明確にしておくことが重要になるでしょう。志望動機は、単に家から近かったというものや楽に卒業できそうだからといったものでは不十分です。むしろ、悪い印象を与えてしまいかねません。それより、高校に入ってどのようなことを学び将来何になりたいかなど述べることができれば十分でしょう。

どのような仕組みを採用しているか

学校の先生

大阪の通信制高校では、一般的に学校に行かずとも勉強に関する教材などが届けられますので自宅で勉強する仕組みが基本になります。ただ、人間は自分のペースを確立していない場合途中でモチベーションが下がってしまう可能性があります。これを避けるためには、たまにスクーリングと呼ばれる登校が必要になってくるでしょう。スクーリングは、学校によってどれぐらいの頻度で行われるかが異なりますが、おおむね1週間に一度のところもあれば1カ月に一度ぐらいのところもあります。勿論ふだんから仕事をしている人は、必ずスクーリングができるとは限りませんが、やむを得ない事情があれば欠席しても許されるでしょう。スクーリングでは、友達づくりなどもしやすいのが特徴です。

広告募集中